コラム的な

バスルームと洗面台にクシを置いておく、これだけでトリートメントは効果倍増になる

毎日のヘアケアの効果があまり感じられない時に試して欲しいテクニックです。

意外と自宅でシステムトリートメントする時や普段使っているコンディショナーの時に髪をクシでとかさずにそのままやってる人って多いのかも?

▼ミルボンのシステムトリートメントなんかもクシでとかさずにそのままやると効果は半減しますよ…。

あわせて読みたい
『ミルボン ディーセス リンケージ ミュー』シリーズは即効性抜群!使ったその日にすぐサラサラ・ツヤツヤが実感できる3+1ステップトリートメントミルボン ディーセス リンケージ ミューのシステムトリートメントの使い方から効果までをご紹介しています。即効性の高いトリートメントで、手触りを実感できるおすすめのアイテムです。...
あわせて読みたい
髪の毛が傷んでるけど伸ばしたい人にオススメ!『ミルボン インフェノム』の5ステップヘアトリートメントの正しい使い方でしっとりヘアケア!ども、シゲです。 髪のダメージの補修方法はいろいろありますが、やっぱり一番最初に浮かぶのは『トリートメント』ですよね。 もち...

ちょっとした一手間なんですけど、これやるだけでかなり触った感じが変わるのでぜひやってみてください!

傷んでる人は濡れた状態だと髪が絡まりやすい

髪が傷んでいると絡まりやすくなってますよね。特に乾いた状態→濡れた状態になる途中が一番絡まりやすいです。

そんな状態でトリートメントやコンディショナーをつけても全体に均一になじまないし、手ぐしでも通らなくなります。最悪、無理やり指を通して切れ毛の原因にもなってしまうのでオススメできません。

シャンプー・トリートメントをするときは事前にブラッシング・コーミングを丁寧にやって水分やトリートメントを全体になじみやすくしておくのが理想的です。

例えとしてわかりやすいかどうかわかりませんが、木材にヤスリをかける時って最初粗めのヤスリをかけて、だんだん細かい目のヤスリをかけていきます。そうすることで表面の毛羽立ちが滑らかになっていきます。

髪の毛も同じ原理で、

  1. シャンプー前に粗めのクシでゆっくりと髪の絡まりをとっていく
  2. しっかりと全体を(手ぐしで溶かしながら根本から毛先まで)シャワーで濡らす
  3. 粗めのクシで整える&優しくシャンプー&流し
  4. 流した髪を粗めのクシで整える
  5. トリートメント塗布(塗布後もクシで全体的になじませる)&流し

こんな感じで手間は増えますけどせっかくトリートメントするならやったほうがクオリティが上がります。

ここで使う粗めのクシは、個人的にこのくらいの粗さがオススメ。お風呂用のものがいいと思います。

そしてお風呂から上がったら、

  1. 濡れた髪をクシで整える
  2. アウトバストリートメントを毛先を中心につけ、徐々に中間くらいまで伸ばす
  3. つけたアウトバストリートメントを毛先までクシで伸ばす(お風呂でクシ通りが良くなっているので洗面台で使うものは目が細かくても大丈夫)
  4. そのままドライヤーを優しくかける

ここでも洗面台にクシを置いておき、お風呂上がりに使うようにしましょう。ここでも指通りが悪い人は粗めのクシに、トリートメントをして状態が良くなっている人はお風呂で使うものよりも少し細かめのものを使うといいです。

特にこっちは使いやすいクシでいいと思います。個人的にはカーボン製のものが熱に強く静電気が立ちづらいのでオススメ。

▼ドライヤーの掛け方はこちらの記事を参考に優しくかけてください。

あわせて読みたい
ドライヤーの掛け方で髪は良くなる
【ドライヤーの正しいかけ方】髪が広がってまとまらないのはドライヤーの使い方で良くなる!ドライヤーで乾かす時におすすめの方法をご紹介します。 これだけで髪の毛の状態は劇的に変わります。特に技術もヘアケア剤もいりません。...
ABOUT ME
アバター
シゲ
横浜市栄区小菅ケ谷で小さな美容室をやってます。ヘアケア・スタイリング剤を中心にオススメのアイテムをご紹介してます。